FX取引の傾向と対策

FXを始める前に!

FXを始める前には、まず、その用語を理解する事が必要ではないでしょうか。

FXの口座を開設する際に訪れるサイトは、そういったFXの用語を用いて説明されているからです。
では、まず、FXとは、何でしょう。

FXとは、「外国為替証拠金取引」の事です。証拠金を担保にして、通貨の売買を行う取引の事です。

次は、「レバレッジ」についてです。
レバレッジと呼ばれる倍率を設定する事で、投資する資金の数倍の取引を行う事ができるのです。

「スワップ」は、取引を行う通貨間の金利差のことです。
高金利の通貨を買い、低金利の通貨を売っている状態の時に、受け取ることができます。逆の場合は、払う事になります。

「スプレッド」は、買値と売値の差額の事です。
スプレッドは、FXを扱っている会社によっても異なりますし、通過によっても異なります。これが、狭いほうが有利に取引する事ができます。

「売買手数料」は、FX取引の際にかかる手数料の事です。FXを扱っている企業によって異なりますので、売買手数料が小さい会社を選ぶ事が、有利な取引をすることに?がります。

以上、初めてFX取引をされる方に、必要な用語を紹介させて頂きました。

米国の金融危機

不動産価格が下落すれば、過剰貸出が次第に金融機関の損失となって表面化してきます。
米国の金融機関は、次々に表面化した損失を、利益や資本金まで使って、必死に穴埋めをしてきました。

四半期決算の利益では、とても穴埋めできないから、資本金を食いつぶすという手荒な手法に踏み切りました。しかし、増資に応じる投資家がどれだけいただろうか?

米国の金融機関は、既に5000億ドルを超える損失処理をしたというが、7000億ドルの不良債権の公的買上げを加えても、潜在的な不良債権額には到底及んでいなかった。。

この状況で、米国の金融機関は、その峠が見えたと言うにはほど遠く、「金融危機」はまだ始まったばかりであると考えた方がだとうなのです。

ちなみに、米国の貸出や債権などの信用市場の残高は、約50兆億ドル。潜在的な不良債権は、信用市場残高の1割を優に超えている。

民間の金融機関は、平均して信用供与残高の10%にも相当する自己資金は持っていないであろう。

したがって、米国の民間金融機関は、全自己資本を総動員しても、潜在的な不良債権は処理できない状況までに落ち込んでいる。

もはや、米国の金融システムは、民間の自助努力では回復できない破綻状況にあるということになる。

インド株好調

新年を迎えてのっけからサブプライム問題でガックリ。暗ぁ~い雰囲気が立ち込める株式市場ですが、なぜかインド株は絶好調。

4日には日経平均株価が大幅安になったと大騒ぎの中、インド株は大幅上昇です。

世界的に株式市場が注目されてきている中、BRICs市場の代表格であるインド株相場は幸先の良いスタートで、非常に好調、高値を更新しています。

アジアの証券市場が厳しい地合いを続けている中、インド株市場が上昇を続けてるのは?その背景にはもちろんのことですが、インド経済の高度成長に訳があるのです。

今年のインドはロケットの打ち上げも予定されています。

特にIT分野など高い技術力を売りにしているインド。まだまだ期待は高まる一方です。BRICs市場への投資意欲は旺盛だし、新興市場の中でもインド株投資は短期間でも高いリターンを得ているようです。

飛躍的な成長を遂げていくインド経済に充分期待して間違いないのではないでしょうか。

たんす株が危険|FXがおすすめ

・2009年1月に株券が廃止され電子データ化されます。

電子化する狙いは印刷や運搬にかかるコストを減らし、偽造や盗難を防ぐということ。電子化後は、証券会社に開いた口座でコンピューター管理されることになります。

なんとも今の時代にあったコスト削減と安全面で画期的なことですよね。

しかしながら、この電子データ化するにあたって問題が出てきています。国税庁が税金の滞納者から差し押さえ、税務署で保管している株券が、電子データ化に対応できていないのです。

もしこのまま電子化の期日を迎えると、株式は株を発行した会社が作る口座で管理されることになります。

そうなると株券を保管していても差し押さえの効力がなくなるという恐れがあるのです。
もちろんそんな事態になってしまうと大変!関係省庁と差し押さえの効力を消さないような法整備に乗り出すようです。株券の電子データ化まで後1年。

自分でもすっかり忘れている株券、たんすの奥底に眠っていませんか?
そんな株券は証券保管振替機構に預けるように。

・タンス預金より外貨投資がオススメ

超低金利時代のに日本では、銀行にお金を預けるのではなく、外貨やFX(外国為替証拠金取引)、株への投資が一般化されつつあります。

特に、少ない資金からはじめられるFX(外国為替証拠金取引)は、女性や若年層にも人気の高い投資商品です。

タンス預金をするなら、レバレッジを低くしてFXに投資するのも良い投機でしょう。

Copyright © 2008-2016 FX取引の傾向と対策 All rights reserved